一般社団法人奈良県建築士会には、建築士をはじめ、ゼネコン・中小工務店から、都市計画の専門家等、あらゆる業種の優秀な会員が集まっています。

専攻建築士とは

トップページ > 専攻建築士・CPD制度 > 専攻建築士とは
専攻建築士は「建築の専門家の証」です!

専攻建築士制度とは

専攻建築士制度は、消費者保護の視点に立ち、高度化し、かつ多様化する社会ニーズに応えるため、専門分化した建築士の専攻領域及び専門分野を表示することで、建築士の責任の明確化を図る目的の自主的な制度です。
専攻領域は「まちづくり」「統括設計」「構造設計」「設備設計」「建築生産」「棟梁」「法令」「教育・研究」の8領域に区分されます。この専攻領域は3つまで取得することができます。

専攻建築士になるには

  1. 建築士資格取得後の専攻領域実務経験年数が申請される専攻領域について5年以上あること
  2. 当該領域の責任ある立場での実務実績(要第三者による証明)が3件以上あること
  3. CPDの取得単位が要件を満たしていること
平成28年度登録申請手続きについて

受付期間

平成29年1月4日(水)~平成29年2月28日(火)

申請書類の配布

(公社)日本建築士会連合会HPよりダウンロード
(一社)奈良県建築士会事務局で配布

申請書類の提出方法及び提出場所

提出方法

ホームページからダウンロードした申請用紙にパソコンで入力し、印刷したものをご提出ください。
(手書きの場合は、黒のボールペンを用い、わかりやすくはっきりとご記入ください。)

提出先

持参の場合・・・(一社)奈良県建築士会事務局
郵送の場合・・・託送便、簡易書留等にて送付してください。紛失等の責任は、負いかねますのでご了承ください。
郵送先・・・(一社)奈良県建築士会事務局 〒630-8115 奈良市大宮町二丁目5番7号 奈良県建築士会館

書類審査・登録及び更新手数料と払込先

手数料

会員の方
17,280円 (審査手数料11,880円+登録手数料5,400円消費税を含む)
但し、複数領域の専攻希望者は、1領域追加ごとに10,800円を加算
(注)審査手数料は、審査受理に至らなかった場合を除き返還しません。
(注)登録手数料は「要件を満たしていない方」に対してのみ、払い戻しをします。
会員以外の方
29,160円 (審査手数料18,360円+登録手数料10,800円消費税を含む)
但し、複数領域の専攻希望者は、1領域追加ごとに18,360円を加算
(注)審査手数料は、審査受理に至らなかった場合を除き返還しません。
(注)登録手数料は「要件を満たしていない方」に対してのみ、払い戻しをします。

払込先

郵便振替 口座番号 02大阪00950-1-20442 加入者名 一般社団法人奈良県建築士会
南都銀行 奈良市役所出張所 口座番号 普通預金0018277 口座名 一般社団法人奈良県建築士会
(注)郵便振替の場合は、郵便局の払込取扱票を使用し、通信欄には「専攻建築士登録費」とご記入ください。
(注)審査手数料は、申請者名義で振り込んでください。
(注)振込手数料は、申請者負担でお願いします。

専攻建築士の登録有効期間は5年間です。
登録証の有効期限が、2016年11月30日の方は、28年度の更新申請者となります。
専攻建築士であり続けるためには、登録を更新する必要があります。登録の有効期限内の5年間で60単位(新基準)以上のCPD単位を取得することが更新の必要条件となります。
(注)CPD単位が免除となる特例申請が可能な方もいらっしゃいますので、登録更新申請のチェック・フロー(PDF_更7_参考チェックフロー)でご確認ください。

このページの先頭へ